プルーフオブワーク

プルーフ=証明、ワーク=仕事。直訳すると「仕事の証明」。

暗号通貨はネットワーク上にデータとしてお金があります。
そうなると世の中にはデータを書き換えてしまえば、
暗号通貨を自分のものに出来ると考える人もいるでしょう。

P2P技術やブロックチェーン技術によってそれを阻止するために、
ネットーワーク上に参加しているPCで計算をしています。
その時の「計算」を「仕事」と表現しています。

ブロックチェーン

ネットワークに参加している世界中のコンピューターにデータを分散し、
データの破壊や改ざんが困難なものにする技術。
暗号通貨の基盤技術として利用されている。
従来は銀行や証券会社が取引を管理しているが、
ブロックチェーン技術の出現により取引を管理する労力が大幅に減る。

P2P技術

1つのサーバーでの情報を管理せずに、ネットワークに参加している複数のPCやスマホで分散することにより、大量の情報を共有、処理することができ、非常に強い破壊耐性を持つ技術。その特性上、暗号通貨に対して非常に適した技術である。ファイル共有ソフトや、IP電話、メッセンジャー等にも利用されている。

スマートコントラクト

「スマートコントラクト」を直訳すると「賢い契約」。暗号通貨を使った履歴などが残る仕組み。ゲームのプラットフォーム上では公正性を保つための機能として働く。また、公的な記録の無いような国でも、暗号通貨の「スマートコントラクト」機能を、証明代わりに利用することが可能。戦争で役所が破壊され、戸籍のような情報がなく個人の身分が証明できない国でも、スマートコントラクトの機能があれば信用情報をスマホ1台で補うことが可能。

エイダコインの交換はこちらから