海外の送金事情と暗号通貨

日本ではほとんどの人が銀行や郵便局の口座を持っていますが、
フィリピンでは銀行の口座を持っているのは、国民の中でも3~4割だと言われています。
しかし、スマホはぼ100%持っており、暗号通貨はスマホを持っていればやり取りができるのです。

フィリピンは英語ができる人が多いので、国外の企業がコールセンターのような業務をフィリピで運用していて、
そういった人たちの給料をウェスタンユニオンのような銀行を経由して国際送金すると、
5万円の送金で5千円の手数料が取られるが、暗号通貨ならほとんど手数料がかからない。
しかも、一瞬で送金されます。

また、アメリカですら、ニューヨーク~ロサンゼルス間で送金をしようとすると、
5~10日かかって、手数料2000~3000円かかってしまいますし、
日本の銀行から海外の銀行へ送金した場合ならば手数料が8.4~15%もかかります。
年間の国際則近額は60~70兆円ですから、送金手数料が8.4%だとすると5.4兆~5.88兆円かかっています。
ビットコインですと手数料が0.0001%なので、すべてビットコインで送金したとしたら
年間の手数料は60億円ぐらいになってしまいます。もちろん瞬時に送金できるのです。

暗号通貨と法定通貨

ドル、円、ユーロといった紙や硬貨のお金は、「法定通貨」と言われ”政府”がお金として認めている。
暗号通貨は例えるならば、人生ゲームを6人でやっていて、パンを買うのに人生ゲームのお金を使うときに、
その、人生ゲームをやっている6人がそれをお金として認めてしまう。
暗号通貨は政府が認めなくても、銀行が介在しなくても利用している人が、
通貨として認めることで成り立っている。

暗号通貨の未来

日本では銀行間の送金には数百円の手数料と、数日の期間で送金ができるので、あまり不便を感じることはないですが、海外では、国内でも送金手数料が千円、1週間ぐらいかかったりします。それを考えると、暗号通貨での送金は瞬時にしかも、ほとんど手数料がかかりません。また、送金の履歴が残る機能が付いた暗号通貨も出てきています。送金の履歴が見れるということは、銀行がその人の財布の状況が把握できることが出来るので、戦争やシステムが整備されていない等で、個人の記録が残っていない国では暗号通貨によってローンを組むことができます。また、英語のできる人が多いフィリピンやインドでは、欧米よりも賃金が安いので、国際的なビジネスアウトソーシングが広がっています。こういった、国境を越えて送金するには暗号通貨は非常に便利なのです。インターネットで世界中が繋がっている現代において、グローバルな人の交流、そして暗号通貨の広がりは避けて通れないでしょう。

ビットコイン

ビットコインは中本哲史と名乗る人物によって書いた論文を元に、2009年に運用が開始された暗号通貨。非常に低い手数料で瞬時に送金ができる。ビットコインで初めに購入されたのは2枚のピザ。特別な権限を持つ発行者無しで取引できるため、「シルクロード」という闇サイトで利用されたこともあったが、FBIによって摘発、閉鎖された。また、キプロスでの預金封鎖時にビットコインに資産を移す人が増えたとみられ、一時的にビットコインが値上がりした。2013年にはリリース時の120万倍にも値上がりしており、リリース時に10万円分のビットコイン購入していていれば、120億円になっていた計算になります。

イーサリアムの相場

イーサリアムは2014年に資金調達を行い、当時は1イーサリアム約26円でした。
2015年8月に正式リリースされわずか半年後の
2016年3月に1イーサリアム1696円を記録。
6月17日には2300円に到達。リリースから1年足らずで約90倍を記録しました。
10万円分のイーサリアムを購入していれば900万円になっている計算です。

ビットコインやイーサリアムはどこで交換できるのか?

ビットコインやイーサリアムを交換しようにもどこで交換したらよいのか?
ビットコインやイーサリアムが円やドル、ビットコインに対して、値上がりしたり値下がりしたりした場合、円やドルに交換したい場合どこで交換したら良いのでしょう?

ビットコインやイーサリアムを交換するには取引所で交換する方法があります。
日本だとコインチェックやビットフライヤー(日本国内取引量1位)が有名。
PC以外にもスマホからアプリで取引ができます。
POLONIEXは取引量No.1、karakenは取引量No.2。

bit Flyer (日本国内取引量1位)
通常の両替以外にもFX取引も可能。口座開設が簡単にできます。
成り行き注文以外に、指値注文、IFD、IFDOCOなどの注文方法が使えます。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Coincheck(コインチェック) coincheck
こちらも口座開設が簡単にできます。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

POLONIEX (英語)  取引量No.1
karaken 取引量No.2
BTC BOX

入金方法は銀行振り込みやカードでの決済、
米伊ドルや円からの交換などの方法があります。

FXや株取引のように暗号通貨もIFD、IFDOCOなどの注文方法が使えるのは非常に便利。
色々な注文方法があれば、常にPCに張り付いている必要がなくなります。
米ドル、ユーロ、円などの通貨以外に暗号通貨を資産の一部として持っておいて
経済や暗号通貨に関するニュースを見ながら比率を調整するのもよいですね。

イーサリアム

スマートコントラクト機能を搭載した暗号通貨。2013年にプロジェクトとして発足し、2014年に全世界からネット上で資金調達を行い、当時は1イーサリアム26円。2016年8月にリリースされて、1年足らずで約90倍に跳ね上がりました。2016年7月時点でビットコインに次いで時価総額2位の暗号通貨。チャールズ・ホスキンソンも開発に関わっていた。

イーサリアム相場

イーサリアムの交換方法

 

 

暗号通貨 時価総額ランキング

暗号通貨の時価総額ランキングは

コインマーケットキャップドットコム

で確認することができます。

2016年7月現在、時価総額1位がビットコイン、2位イーサリアム、3位リップルです。

1000以上もある暗号通貨の中でも、上位、10位ぐらいまでの暗号通貨は信用が高いとみてよいでしょう。